新車を登録する時

自動車重量税、通称重量税は、日本の車でもドイツ車という自動車の国や四輪駆動車、1BOX車など自動車の形状も例外なくレクサスやクライスラー、等にも同様に負担が必須な税です。アコム

新車を登録する時、もしくは定期的にある車検の時に支払いが発生する税金になります。ビフィーナ

支払金額は対象となる車のウエート毎に決まっています。アコム

「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金は全く異なる概念です。ディズニー 英語 料金

きちんと学んで一緒にしないようにしなければなりません。アンボーテ

「自動車重量税というものは自動車の大きさで」「自動車税とはリッター数によって」その税額が違います。立川 司法書士

それで買取時の待遇も変わりますし注意しましょう。ダイエット

中古車を手放す時には支払った車の税金がいくら残っていたとしても、その税金が還ってくることはありませんが、一方、自動車税であれば既に支払った金額を買取金額に足してくれるといったケースがあるものの重量税の場合は上乗せしてくれるというケースはあまりないのです。ハーブガーデン シャンプー 最安値

重量税というのは車を手放すときに納付済みの税額が残存しているとはいえ車の専門店でそれが忖度される場合はほとんどないと思います。ディオーネ 渋谷 顔脱毛

そのためその次の支払いつまるところ次回の車検まで処分を少し待ち買い取ってもらうという手法が一番良いと思います。無料 動画配信サービス

中古車買取の際は考慮されない重量税ですが特別な事例だと還ってくることがあります。

その時は、車検が残っているクルマを廃車処理する場合。

廃車申請をした際に残っている車検期間に応じた税金が戻ってきます。

しかし自動車売却の場合はその車が廃車になるのとは違って返金されません。

それに、手放す自動車の名義の変更をしてしまった場合や、盗難された時なども返金してもらうことはできません。

重量税の残っている期間があるクルマを売却することは要するに車検が残っている自動車ということと同じです。

それを業者も考慮しますので重量税が残っていれば少しは売却額が上乗せされるでしょう。

当然査定額は買取業者により異なりますが、車検の効力が残っている事実を計算に入れてもらえば手放す車の査定額からみるとあまり損をするということもありません。

コンテンツメニュー